2018/03/22

センターズオブインフルエンスマーケティング

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/toshikatsu/allneko.club/public_html/sinka/wp-content/themes/elephant2/single.php on line 56

この記事を書いている人 - WRITER -
neko.bio合同会社代表のtoshikatsuです。主にSES事業をしています。自身も出向もしています。読書、宇宙、オカルト、アニメ・ゲーム、音楽、ピアノなどが好きです。 FXでは移動平均線、ボリンジャーバンド、エリオット波動、日柄を使っています。
詳しいプロフィールはこちら

センターズオブインフルエンスマーケティングという長い名前のマーケティング手法ですが、簡単にいうとすでに実績を出している人に、引き上げてもらう手法です。

 

顔すら知られていない一般人でも、一気に飛躍できます。

センターズオブインフルエンスマーケティングとは?

センターズオブインフルエンスマーケティングとは、業界の有力者に自分の商品を紹介してもらうというマーケティング手法です。

 

このマーケティングは、オピニオンリーダーフォロワーという政治学でよく使われる話を理解すると、様々な業界で応用できるようになります。

 

オピニオンリーダーとフォロワー 

オピニオンリーダーとは、特定のジャンルにおいて、ある集団の意思決定や購買行動に大きな影響を及ぼす人のことです。オピニオンとは意見という意味です。影響を受ける側をフォロワーといいます。

主婦のグループでのオピニオンリーダー、モデル界のオピニオンリーダー、経営者のオピニオンリーダー、テニス界でのオピニオンリーダーなどオピニオンリーダーは無数に存在します。

 

女性のファッションの例

例えば女性のファンションで考えて見ます。

 

女優、歌手、ファッションモデルである新垣結衣は女性から人気があります。新垣結衣が雑誌やテレビで着た服や、そのブランドやコーディネートは人気になります。

 

「新垣結衣カワイイ❤️、新垣結衣と同じような服が欲しい✨👗✨」

 

新垣結衣のファンの多くの女性がそう思います。ファンでなくても、ファッション雑誌の表紙を飾っているとファッションに敏感な女性はその服装に影響されやすくなります。

 

このケースでは、新垣結衣がオピニオンリーダーで、女性がフォロワーです。

 

もしもあなたが商品を作り、短期間でブランディングを強固なものにしたいならば、オピニオンリーダーに商品を紹介してもらえばいいわけです。

 

ピコ太郎の例

ピコ太郎の『PPAP』という曲が世界中で大ヒットしました。ピコ太郎は日本でもほぼ無名な芸人でした。国外で知っている人は皆無です。

 

しかし、全世界で人気の歌手ージャスティン・ビーバーが紹介したのをきっかけに全世界で大流行しました。

 

発言の影響力が高い人ほど、無名な人でも一気に世界中に知れ渡るほど引き上げられます。

 

このようにオピニオンリーダーのブランディングを借りることでフォロワーの中で、自分や、自分の商品をブランディングすることができます。これを『信用の移動』と言います。

 

オピニオンリーダーという影響の中心を落とすことで、そのフォロワーの購買行動をコントロールするマーケティング手法だということです。

 

引き上げてもらう側の行動

自分のマーケットを定め、ターゲットが憧れを抱くようなオピニオンリーダーにアプローチしていきます。

 

ネットビジネスの場合も、有力者は多くいます。あなたのメンターもおそらくそうでしょう。ほかの集団の中でもカリスマ的有力者はいます。

 

こういった有力者と良好な関係を築いておくと、自分が作った商品や自分自身を紹介してもらいやすくなります。

 

そして紹介してもらうことができれば、短期間で多くの人に、自分のブランディングを形成することができます。これにより、一気に収益を生み出すことが可能になります。

 

誰がセンターズオブインフルエンスになりえるのか?

有力者を大別すると4種類に分けられます。

  • メンター
  • クライアント
  • パートナー
  • 横のつながり

 

メンターに引き上げてもらうのが最も多いパターンです。

 

有力者に紹介してもらうための条件

【価値を提供できる】

『何もあなたにはあげないけど私を引き上げてください!』

 

このような自己中な人を紹介したいと思う有力者はいません。有力者に対して価値を提供していくことが大切です。

 

【紹介に足る人である】

価値の低いコンテンツを紹介すると、紹介者の信頼性まで落ちてしまいます。従って、コンテンツの紹介をお願いする際はユニークなものや高機能なものにしましょう。

 

紹介してもらいたいのであれば、あなたの人格とスキルを紹介されるレベルにまで上げましょう。

 

【影響の中心たる人物との信頼関係構築している】

上記2つを満たした上で有力者と関係を構築することをできれば、センターズオブインフルエンスマーケティングはやがて発動します。

 

 

僕のメンターであり有力者である方は

 

「一番成果を出してくれた生徒が一番嬉しい」

 

と仰っていました。そのような生徒になることでセンターズオブインフルエンスマーケティングが発動しやすくなります。

この記事を書いている人 - WRITER -
neko.bio合同会社代表のtoshikatsuです。主にSES事業をしています。自身も出向もしています。読書、宇宙、オカルト、アニメ・ゲーム、音楽、ピアノなどが好きです。 FXでは移動平均線、ボリンジャーバンド、エリオット波動、日柄を使っています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© allneko.club , 2017 All Rights Reserved.